自由にシンプルに楽しくいこう!

Googleアナリティクスを使ってアクセス解析を導入する

ブログ

Googleアナリティクスを使えばウェブサイトにアクセス解析を導入することができます。

今回は、「Googleアナリティクスを使ってアクセス解析を導入するやり方」を紹介していきたいと思います。

 

Googleアナリティクスの導入方法

まずはじめにGoogleアナリティクスを使ってアクセス解析を導入する為のステップを紹介したいと思います。

 

・Googleアカウントを作成する。

・Googleアナリティクスにウェブサイトを登録する。

・ウェブサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込む。

 

 

Googleアカウントを作成する。

Googleアナリティクスを使う為には、まず初めにGoogleのアカウントを作成する必要があります。

Googleのアカウントを持っていない人は、アカウントを作成しましょう!

 

Google アカウントの作成
https://accounts.google.com/signup

 

Googleアナリティクスにウェブサイトを登録する。

次に、Googleアナリティクスにアクセス解析を導入したいウェブサイトを登録します。

 

まずGoogleにログインします。
https://accounts.google.com/

 

Googleにログインしたら、Googleアナリティクスのページに移動します。
https://www.google.com/intl/ja/analytics/search.html

[アカウントの作成]を選択しましょう!

 

このページが表示されたら[お申し込み]を選択します。

 

新しいアカウントの作成ページが表示されます。

今までにGoogleアナリティクスのアカウントを作成したことがある場合は、ホーム画面から[管理]→[+アカウントを作成]から新しいアカウントの作成ページを表示させます。

次の項目を入力して設定ができたら、[トラッキングIDを取得]を選択しましょう!

 

アカウント名

ウェブサイトの名前

ウェブサイトのURL

業種

レポートのタイムゾーン

データ共有設定

 

※アカウント名は、複数のウェブサイトをまとめることができるのでレンタルサーバー名やグループする名前を付けてあげると分かりやすいかもしれません。私の場合は、アカウント名を「レンタルサーバー名」としています。良くわからない場合は、ウェブサイト名を入れておけばOKです。

 

Google アナリティクス利用規約が表示されるので、言語を日本語に選択して確認します。

利用規約を確認したら[同意する]を選択します。

これで、Googleアナリティクスにウェブサイトを登録することができました。

 

ウェブサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込む

Googleアナリティクスのホーム画面から[管理]を選択して管理画面を表示させます。

 


プロパティのメニューの中からトラッキング情報→トラッキングコードを選択します。

 


ウェブサイトのトラッキング情報が表示されます。

グローバルサイトタグ(gtag.js)と表示されている部分の下に、トラッキングコードが表示されているので、このコードをコピーします。

アクセス解析したいウェブページの<HEAD>内の最初に、コピーしたトラッキングコードを貼り付けます。

これで、トラッキングコードをウェブサイトに埋め込む作業は完了です。

ウェブサイトを構築している環境によりますが、ワードプレスなどを利用している場合に使っているテーマによってトラッキングIDだけ設定してあげれば、簡単にトラッキングコードを設定してくれる場合もあります。

自分のウェブサイトの環境を確認してみましょう!

アクセス解析が正常に動作するか確認する

ここまで手順でGoogleアナリティクスを使ってアクセス解析を導入する設定が完了しました。

導入したアクセス解析が正常に動作するか確認してみたいと思います。

確認はリアルタイムレポートを使って行いたいと思います。

 

まずGoogleアナリティクスのホーム画面を開きます。

 


上部のアカウントから確認したいアカウント(ビュー)を選択します。

 


レポート→リアルタイム→概要を選択します。

 

リアルタイムレポートが表示されます。
今誰もアクセスしていないので、サマリーに「現在 0」と表示されます。

 


アクセス解析を導入したウェブページをブラウザで開いて表示します。

 


リアルタイムレポートを改めて確認してみてください!

サマリーに「現在 1」と表示されます。

このように表示されればアクセス解析が正常に動作していることが確認できます。

 

開いたウェブページを閉じて、しばらく経つと「現在 0」と表示されます。

このようにリアルタイムレポートでは、リアルタイムなアクセスを確認することができます。

 

自分のアクセスをアクセス解析から除外したい場合

アクセス解析に自分や関係者のアクセスを除外したい場合は、
ブラウザに「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を導入します。
このアドオンを導入したブラウザから対象のウェブサイトを開いた場合は、アクセスが除外されるようになります。

 

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

 

終わりに

今回は、Googleアナリティクスを使ってアクセス解析を導入する方法を紹介しました。

アクセス解析は、ウェブサイトのアクセス傾向を調べる為のとても便利なツールです。

最初のうちは、アクセス解析データも少ないのでデータが増えるまでしばらく時間が必要になります。

アクセス解析のデータが増えたら、アクセス傾向を分析してサイトの運営にぜひ役立てていきましょう!