自由にシンプルに楽しくいこう!

01.退職する必要があるのかを検討する(退職経験談)

退職を検討する

退職という言葉が頭に思い浮かぶようになったら、会社を退職する必要があるのかしっかりと検討する必要があります。

退職する必要があるのかについては私も長い期間悩みました。

頑張って就職活動し、ようやく勤める事ができた会社です!

会社をやめて次の就職先がすぐに見つかるとは限りません。

退職・転職については、十分過ぎるくらい考える必要があると思います。

以下が、私が退職する必要があるのかを考えたポイントとになります。

退職する必要があるのかを考えるポイント

  • 現状の仕事に対する不満があるのか?(給与、休日、仕事の量、残業、経験、人間関係)
  • 仕事に対する不満があるのであれば「自分のやり方や考え方」を上司や社長に相談して環境を変えることはできないのか?
  • 今の会社で学べることや経験できることはもうないのか?
  • 退職後にやりたい事や方向性(就職先)が決まっているのか?
  • 退職してから次の会社に勤めるまでのお金が確保できているのか?
  • 退職して後悔することはないか?
  • 転職が可能な年齢であるのか?
  • 転職後に今の会社より高待遇で雇ってもらえるのか?

ここで紹介したポイントを考えた時に退職・転職する方がプラスになると考えられるのであれば退職・転職する方向で前に進んでも良いのではないかと思います。

悩んでしまうことが多いのであれば、今の会社で仕事を続けながら様子をみても良いと思います。

今の会社で仕事を続けながら次の就職先を探して退職・転職するのだって全然ありなのです!

人生を左右する大きな決断なので十分にしっかりと考えて前に進めていくと良いと思います。

私の退職経験

私の場合は、会社で学べることがまだあったのですが正直なところ急激な作業の増加や日常的な残業にまいっていたことと、新しい環境で比較的残業が少ない会社に転職してマイペースに働きたいという思いから退職を決意しました。

給与もボーナスも結構もらえる良い会社だったのですが、色々と考えて転職した方が楽しい人生を送れるんじゃないかと思いました。

お金より自分が好きなことができる自由な時間が欲しかったんですよね!

このようなことから会社を退職・転職した方がプラスになると判断し、前向きに退職・転職する方向へと進めていきました。