自由にシンプルに楽しくいこう!

02.退職後の仕事の方向性を考える(退職経験談)

退職を検討する

退職・転職する方向で進めていきたいと決意できたなら、次に退職後の仕事の方向性を考える必要があります。

退職を考える理由は、以下のとおり人それぞれ違うと思いますが、退職後の仕事の方向性をある程度考えておくと良いと思います。

この方向性については、より明確になっている方が次にやりたい事や次の行動につなげる事ができるのでしっかり考えた方が良いです。

人それぞれの退職理由

  • 待遇面(給与、休日、残業)を良くするためにやめる。
  • 人間関係が上手くいかないためにやめる。
  • 仕事の難易度が高く続けるのが困難なためにやめる。
  • 自分の経験を高めるため、キャリアアップの為にやめる。

退職後の仕事の方向性

「待遇面(給与、休日、残業)が上がる会社を探し転職しよう。」

「自分の興味がある○○ができる会社に転職しよう。」

「思い切って退職して、自分の事をゆっくり見つめ直し転職しよう。」

中々、やりたい事や次の方向性が決まらない人については、過去の自分を振り返ったり、自己分析をして自分を見つめ直すのも良いと思います。

小さい頃は、○○が好きだった。

今ふと思うと、○○している自分は充実している。

振り返ってみると今後のやりたい事や方向性につながるきっかけになるかもしれません。

私の退職経験

ちなみに私の退職後の方向性については、今までの仕事が現場から遠く人と接する機会が少ない仕事だったので、次はもう少しお客さんや人と接する機会が多い仕事ができる環境で働きたいなと考えました。

人と接することが多くなると要求も多くなり、大変な部分もありますがその分やりがいを感じられるのではないかと思います。

ほとんどの人が生活するために必要なお金を稼ぐために働いていますが、その中でも働きがいが少しでもあると充実したライフワークをおくることができるのではないかと思います。