自由にシンプルに楽しくいこう!

03.退職するにあたりどんな事が必要になるかを検討する(退職経験談)

退職を検討する

退職を決意したら、この先どんな事が必要になるかを考えます。

思った以上に会社を退職する時には、色々な手続きややるべきことがあります。

また体力もかなりつかいます。(^^;)

私が退職するにあたりどんな事が必要になったのか簡単に紹介したいと思います。

退職について検討する

退職を考えた始めた時に検討したい内容です!

何のために退職したいのか明確にすることで、次のステップに進むことができます。

01.退職する必要があるのかを検討する。

02.退職後の仕事の方向性を考える。

03.退職するにあたり、どんな事が必要になるかを検討する。

04.就業規則の確認をする。

05.退職時期について考える。

06.退職理由について考える。

退職意思を伝える

退職する意思が固まったら上司や社長に退職意思を伝えなければいけません。

退職意思を伝えることは人によってはとても言いづらく退職するまでに一番気をつかう部分なのではないかと思います。

本音と建て前のかけひきになりますができる限り円満退職を目指したいところです。

07.退職意思を上司に伝える。

08.退職意思を社長に伝える。

09.作業メンバーと引き継ぎ期間について確認する。

10.退職時期について、関係者と相談し決定する。

11.退職意思を社内に伝える。

12.退職届を提出する。

 

退職意思を伝えた後にすること

退職意思を伝えた後に退職に向けてやることです。

ここまでくると退職することが認められ気持ち的にはずいぶんと楽になりますが、退職するまでに業務の引継ぎなどをしっかりと進めていく必要があります。

13.引き継ぎ資料を作成する。

14.後任者への引き継ぎ作業を行う。

15.最終出社日まで通常業務を行う。

16.取引先への退職の挨拶をする。

17.自分のデスク周りとデータを整理する。

18.退職に関する事務手続きの説明を聞く。

 

最終出社日にすること

仕事をする最後の日にすることの説明です。

ほとんど引継ぎ作業もおわりお世話になった職場の人にきちんと挨拶をする段階になります。

19.お世話になった方にメールで挨拶をする。

20.所属グループ内で簡単に挨拶をする。

 

有給休暇中(退職日前まで)

仕事をする最後の日が退職日という方もいるかもしれませんが、ほとんどの人は退職日までに今までに消化しきれなかった有給休暇を取得するのではないかと思います。

この退職日までの期間にやっておきたい内容です。

21.退職に関する事務手続き内容を整理する。

22.送別会への参加。

23.先々の仕事の方向性を具体的に考える

24.社内全体向けの退職挨拶を考える。

25.退職時に配るお菓子を検討する。

26.退職時に配るお菓子を購入する。

 

退職日にすること

いよいよ退職日になります。

退職日は、こんなことをやります。

27.貸与されていた物品を返却する。

28.退職に関する事務手続き。

29.社内全体に退職の挨拶をする。

30.お世話になった方々に、お菓子を配り挨拶をする。

 

退職した後にすること

退職したら新しい生活を送るために次のことをやってみましょう!

31.退職後に、国民健康保険と国民年金に加入する。

32.退職後に、会社から郵送されてきた資料を確認する。

33.退職後に、雇用保険の求職者給付(失業手当)の手続きを行う

34.初回講習会&雇用保険説明会への参加。

35.国民年金保険料の納付

36.失業認定日の手続き

 

まとめ

退職について考え始めてから実際に退職するまでにどんなことが必要になるのかを紹介しました。

今回紹介した内容は、ほんの一例になるので人によっては全然違うケースになる人もいると思いますが、退職するには本当にたくさんのやるべきことがあります。

「こんなことが必要になる」ということが少しでも分かっていれば、退職をスムーズに進めることができると思います。