自由にシンプルに楽しくいこう!

11.退職意思を社内に伝える(退職経験談)

退職意思を伝える

退職日が決まったら社長や上層部の判断で自分が退職するということが社内に周知されます。

退職意思を社内に伝える

私の場合は、幹部の社内会議の通達文にて私が退職することが周知されました。

これ以降、正式に私が会社を退職することが社内に伝わりました。

社内に伝わった後は、やはり社内の方から色々と聞かれたり、退職について話をしたりすることがありました。

私の場合は表向きでは、前向きな退職・転職ということで話を進めたので社内全体に退職することが伝わっても、そこまで気まずいという気持ちはありませんでした。

人によっては退職について色々と聞かれてものすごく気まずくなってしまう場合やストレスを感じてしまうことがあるのではないかと思います。

退職することが社内全体に伝わる前から、少し身構えておくと良いかもしれません。

ちなみに退職することが公になってから私はこんなことを聞かれました。

社内の人に退職について聞かれた内容

退職することが社内に伝わるとみんなびっくりするので、顔を合わせた時に色々と聞かれます!

  • 会社やめちゃうの?
  • 退職理由は?
  • 次の就職先は決まった?
  • 次は、どんなことをやりたいの?
  • 残念だな~名残惜しいなという気持ち
  • 次の場所でも頑張ってねという励ましの言葉
  • 良い転職先見つかったら教えてね!
  • 社長になったら雇ってねw

こんなことを色々聞かれたり話をしたりしました。

本音と建前もあるので聞かれるとちょっと気まずい部分もありますが、会話して楽しいなと思う気持ちも内心ありました。

退職することが公になってスッキリした気持ちになったからかもしれません。