自由にシンプルに楽しくいこう!

25.退職時に配るお菓子を検討する(退職経験談)

退職日までの期間(有給休暇中)

会社によっては、退職する時に挨拶と一緒にお菓子を配るような風習がある会社もあると思います。

私が退職する前も、お菓子を配ってやめていった方がいらっしゃいました。

お世話になった気持ちは、退職の挨拶で十分伝わると思いますが、最後に個別に挨拶周りしたいという方には、お菓子なんかがあると挨拶周りしやすいです。

退職時に配るお菓子を検討する

私も退職する時にお世話になった皆さんにお菓子を配りながら挨拶できると良いなと思い、お菓子を買う事を検討しました。

いざお菓子を買うことを検討すると、考えなければいけないことが結構ありました。

  • 誰にあげようかな?
  • どのくらいの予算にしようかな?
  • どんなお菓子にしようかな?
  • いつ買おうかな?

結構気を使って考えてしまいます。

お菓子を誰にあげるのか考える

最初は「身近にお世話になった人」「仲が良かった人」にあげようかと思っていたのですが、人によってはフロアが違ったり貰える人と貰えない人が出てしまうのもあまり良くないなと思いました。

この際、全体的にお世話になった人も多かったので社内全員にお菓子を配ることを決めました。

会社の規模によってこの辺は変わると思いますが、所属グループや部署内だけでも身近にお世話になった人と仲が良かった人に配れると良いと思います。

予算をどのくらいするのかを決める

私の場合は、社内全員に配ることを決めたので、

人数も多くなってしまったため一人あたりの単価は下げました。

1人あたり100円もいかないくらいになっちゃいましたw

どんなお菓子にするのかを決める

配る時に不在の人もいると思い、当日じゃなくても食べられる賞味期限のそこそこ長い乾き物のお菓子にしようと決めました。

それから、いくつかのケーキ屋、お菓子屋、デパートの銘菓コーナーを周りました。

「マドレーヌ」「ラスク」「お煎餅」「サブレ」といくつかの候補を決めて、どれにしようか少し悩みましたが、私の場合は「サブレ」にすることにしました。

ちなみに、美味しいものを選びたかったので、一度小分けになってるものを購入し試食もしました。

※お店によっては、試食させてくれる所もあると思います。

また、お菓子を決める時にどのお店の商品にするのかも悩みました。

普段は、家族や友人にお菓子を買う場合は、値段も味もそこそこ美味しい身近な店で買う事が多いのですが、身近すぎても微妙かなって気にしちゃったこともあり、身近なお店の商品は避けました。

いつお菓子を買うか考える

お菓子を早く買いすぎて荷物になったり、包装が崩れてしまったりするのも嫌なので、
私の場合は、退職日の前日にお菓子を購入することを決めました。