自由にシンプルに楽しくいこう!

ロリポップでWordPress簡単インストールを使ってブログを始める

ブログ

今回はロリポップのレンタルサーバーで用意されている「WordPress簡単インストール」の機能を使って、 WordPress をインストールしてみたいと思います。

この機能を使うことによってとても簡単に WordPress をインストールすることができます。

 

ロリポップでWordPress簡単インストールを使ってブログを始める

 

まずはじめにロリポップのユーザー専用ページからログインを実行します。

 

ロリポップ!ユーザー専用ページ – インフォメーション
https://user.lolipop.jp/

 

 

メニューのサイト作成ツール →  WordPress簡単インストールを選択します。

 

「WordPress簡単インストール」ページが表示されます。

次の項目を入力します。

サイトURL ドメイン選択ボックスからドメインを選択しましょう。サブディレクトリを指定しない場合は、公開(アップロード)フォルダの直下にワードプレスのファイルが配置されます。

サブディレクトリにワードプレスをインストールしたい場合は、サブディレクトリ名を入力します。

利用データベース ワードプレスで使用するデータベースを選択します。

新規自動作成を選択した場合、自動で新しいデータベースが作成されます。作成済みのデータベースを利用したい場合は、あらかじめデータベースを作成しておきましょう。

サイトのタイトル サイトのタイトルを入力します。
ユーザー名 ユーザー名を入力します。

ワードプレスにログインする時のユーザー名になります。

パスワード パスワードを入力します。

ワードプレスにログインする時のパスワードになります。

パスワード(確認)  パスワードを再入力します。
メールアドレス 連絡が確認できるメールアドレスを入力します。
プライバシー 検索エンジンにサイトがインデックスされるようにする設定です。通常の場合は、チェックを入れます!

 

設定を入力できたら[入力内容確認]を選択しましょう。

 

ワードプレスにインストールする内容が表示されます。
このページの内容はとても重要な情報なのでよく確認してメモをとっておきましょう。

またワードプレスのインストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされるので注意してください。

このファイルが上書きされる動作について問題なければ[承諾する]にチェックを入れます。

[インストール]を選択します。

 

これでWordPressの簡単インストールが完了します。

注意書きにも書いてありますが「サイトの URL」「管理者ページURL」をお気に入りに登録しておくと便利です。

 

一応先ほど設定したメールアドレス宛にもサイトの情報が送られてきます。
忘れてしまった時はこちらを確認してみましょう。

 

ワードプレスがインストールされたディレクトリをFTPソフトを使って確認してみます。
しっかり指定したディレクトリに WordPress がインストールされていることが確認できました。

 

次に WordPress をインストールしたトップページにアクセスしてみます。

私の場合はhttp://lab-net.xyzになります。

 

しっかりページが表示されています!ワードプレスの初期状態ではこんな感じで表示されます。

 

次に WordPress の管理画面にアクセスします。

私の場合はhttp://lab-net.xyz/wp-admin/になります。

「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」を入力してログインを実行します

 

ログイン処理が正しく行われ WordPress の管理画面を開くことができました。

次にログアウト処理も実行してみます。

 

右上に表示されている「こんにちは、●●●●●さん」にカーソルを合わせると、ログアウトメニューが表示されるので、[ログアウト]を選択します。

 

ログアウト処理が完了します。

 

まとめ

今回は、ロリポップで用意されている「WordPress簡単インストール」機能を使ってワードプレスをインストールしてみました。

本当に簡単にワードプレスをインストールすることができます。

ワードプレスは、インストールした後に色々と初期設定することがありますので必ず初期設定を行いましょう!

他にも便利なプラグインを追加したり、テーマを変更して自分の好きなようにブログを作っていきましょう!